男性不妊

  • HOME »
  • 男性不妊

不妊症の原因は男女双方にあります。WHOの統計では不妊症の約半分のケースで男性に原因があると考えられています。このことから、不妊症で病院を受診する場合は夫婦二人で受診してそれぞれ不妊の原因がないか検査することが勧められています。

鍼灸治療の場合も男女両方の治療が大事です。精液所見で問題のある場合は男性の治療もお勧めします。

鍼灸で効果が期待できるのは、精子濃度・運動率が低い場合

男性不妊の種類は「造精機能障害」「精路通過障害」「性機能障害」の3つに分けられます。

グラフ 男性不妊の原因とその割合

男性不妊の原因とその割合(白井将文 平成10年度厚生省分担研究白井班)

男性不妊の8割以上を占めるのは、精子を作る機能に問題がある造精機能障害です。精液検査で「精子の数が少ない」「精子の運動率が低い」という結果が出ます。

造精機能障害は半数以上が原因不明です。原因不明と聞くと「未知の病気が隠れていて、精子を作る機能が決定的に欠けている」などと悪くイメージしがちですが、鍼灸治療で精液検査の数値改善例がしばしば見られることから、改善可能なケースが多い印象です。

造精機能障害の原因はほかに、精巣静脈瘤、停留精巣、染色体異常などありますが、これらは基本的に鍼灸の守備範囲外です。

男性不妊は、造精機能障害のほかに精路通過障害や性機能障害のケースもあります。精路通過障害は精液の通路が塞がれている状態で、治療は精路再建の手術です。性機能障害は、その原因によっては鍼灸で良い効果が出たという報告もあり、鍼灸で改善する可能性があります。

男性不妊に対する鍼灸治療の効果

不妊で悩む男性が鍼灸院を訪れるケースはまだまだ少なく、女性に比べてデータの蓄積が少ないため、明確に言えることは少ないのが現状です。

しかし、最近は鍼灸の学会において、一例毎の治療結果を報告する「症例報告」や、ある程度の症例をまとめて報告する「症例集積研究」が見られるようになり、鍼灸治療で精液検査の数値が改善することは定説になりつつあると感じています。

とくに、精液検査の数値が上下に大きく変動している場合は、鍼灸治療で高い値に安定することが多いです。

治療を受けることのメリットが大きいか小さいかは、今の治療のステージ(タイミング・体外受精・人工授精・顕微)、数値の改善度合い、今後のプランと希望の兼ね合いによって、メリットが大きい場合も小さい場合もありますので、その点はできるだけ納得できるように、心がけています。

鍼灸治療の進め方

治療時間

初回は約1時間半、2回目以降は1時間~1時間15分程度です。

治療頻度

週1回×10週間が治療の1クールです。

精子が成長する期間(約70~80日間)、コンスタントに治療を行います。

治療の手順

◆予診票の記入:

初診の際、予診票に病院での検査結果や健康状態などを記入していただきます。
なお、予診票の用紙をPDFで用意しています。印刷して書き込んで持参頂いても結構です。
予診票をダウンロード(不妊治療 男性用)

◆問診:

記入していただいた予診票の内容をもとに、必要な点については詳しくお話を伺います。

◆治療:

治療は仰向け⇒うつ伏せの順に行います。
仰向けでは主に手足とお腹のツボ、うつ伏せでは首・背中・腰・臀部・下肢のツボを使います。
鍼を刺した後、部位によっては通電します。通電しない部位は鍼を刺して留め置く「置鍼」という方法をとります。通電・置鍼は10~15分間行います。

その他

精液検査を受けている方は、結果をお持ちください(精液検査の結果は上下動が大きいので、複数回検査している場合は、できるだけ手元にお持ちの結果をすべてご持参ください)。

治療料金は一定です。治療方法によって追加料金はありません。

 

県外からは℡024-973-5048 TEL 0120-913-728 web予約も可能

PAGETOP
Copyright © はりきゅう今泉治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.