卵子老化と鍼灸

卵子の老化

加齢とともに女性の体は妊娠しにくくなります。妊娠しにくくなる原因はいくつか考えられていますが、その一つとしてあげられるのが「卵子の老化」です。

卵巣の中にある卵子は加齢とともにその量と質が低下していきますが、質の低下を「卵子の老化」と呼んでいます。

生殖補助医療では、女性の年齢が35歳以上になると妊娠率の低下と流産率の上昇が認められますが、加齢による卵子の染色体異常や胚発育の悪化が原因と考えられています。

卵子老化の原因としてミトコンドリアの機能低下等が推測されていますが、今のところ原因の全体像は把握できておらず、治療法や予防法も確立されていません。

鍼灸治療においても、年齢が高い方の方が妊娠しにくくなる傾向は西洋医学の不妊治療と同じであり、「卵子の老化」という要因が不妊症に大きくかかわっていることを実感します。

卵子老化と鍼灸

卵子の質の低下に「老化」と名付けられている意味は、その現象が「いったん進んでしまったら戻らないもの」と考えられているからなのでしょう。つまり「卵子老化」は「年齢を重ねて、妊娠しにくい卵子の状態になってしまったら、回復しないもの」という意味が込められていると考えていますが、鍼灸治療をしていると「必ずしもすべてが老化とは言えないのでは?」と感じます。

不妊症の治療で鍼灸を受ける方は、年齢が上がるとともに、生殖補助医療を受けた経験があるか、または受ける予定だという方の割合が増えてきます。不妊症の原因は個々に異なりますが、卵子の老化も同時に影響していることが推測されます。

鍼灸治療には、卵を育てることを目的として、卵巣に栄養を送る血流を増やす治療法があります。生殖補助医療を受けている方には例外なくこの治療を行いますが、数ヵ月間じっくり治療を続けていると、その後の採卵で質の良い卵胞が取れる、受精後の培養で順調に成熟する受精卵・胚の数が増えた、という結果が多くみられます。

鍼灸治療の結果から考えられるのは、「卵子の老化」とは、すべてが回復しないというわけではなく、卵巣への働きかけ方次第(鍼灸の場合、一つは卵巣の血流を増やす方法)で回復する部分が幾分かは残されている、ということです。

鍼灸で回復する卵巣・卵子の機能はごく一部だと思われますが、年齢という時間制限のある不妊治療の中で、鍼灸の意義は小さくないと考えています。

卵の質を改善するために必要な治療の頻度と期間

卵子老化の影響が強くなる30代後半以降の方の治療で、卵の質を改善するための頻度と期間は、

治療頻度は5日に1回
治療期間は6周期

を確保することをおすすめしています。

来院される方の中には「来月の採卵までに改善したい」など、厳しい条件を考えている方もいらっしゃいますが、卵胞成熟の期間を考えると1周期では効果がまず見込めません。

治療を希望される際は、十分な期間を確保されることをお勧めします。

 

県外からは℡024-973-5048 TEL 0120-913-728 web予約も可能/受付10時-20時(日曜・月曜は18時まで)

PAGETOP
Copyright © はりきゅう今泉治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.