子宮内膜症と鍼灸

子宮内膜症

本来、子宮内膜は子宮腔の表面にある組織です。しかし、子宮内膜症では本来の場所とは異なる部位に子宮内膜様組織(子宮内膜と似た組織)が存在します。子宮内膜様組織は、子宮内膜と同じように性ホルモンに反応して月経のたびに出血を繰り返し、月経痛(月経困難症)を生じさせます。年齢を経る毎に増悪し、閉経とともにほとんど改善します。

子宮内膜症の原因は「月経血の一部が卵管から骨盤内に流れ込んで内膜が骨盤内に生着する」という子宮内膜播種移植説や、生まれる前の発生・分化の経過が関係しているという体腔上皮化生説など、いくつかの説が推測されています。しかし、どれも仮説であり確かなことは分かっていません。

また、子宮内膜症は、月経の回数を重ねることで、発症が増えたり悪化していくことが知られています。反対に、妊娠・出産により長期間月経が休みになると、子宮内膜様組織が委縮して、その後しばらくの間症状が改善します。現代人は昔に比べて初潮が早く、産む子どもの人数が少ないので、閉経までに経験する月経の回数が多いです。よって、子宮内膜症が発症しやすく悪化しやすくなっています。

子宮内膜症と不妊症

子宮内膜症は重症化すると線維化や癒着が生じます。線維化や癒着で卵管が閉塞すれば不妊につながることは容易に想像できます。しかし、線維化や癒着が問題とならないような軽症の子宮内膜症であっても、不妊の要因になっています。それがよく分かる例として、卵管因子(線維化や癒着の影響)が関与しない体外受精であっても子宮内膜症があると妊娠率が低下します。

子宮内膜症が不妊につながる仕組みはまだはっきりしていませんが、次のように考えられています。

子宮内膜症では、子宮内膜組織があるので月経のときに本来の場所以外で出血が生じます。これを処理するために免疫細胞のマクロファージが働きます。マクロファージが働くときに放出するサイトカイン(免疫細胞の命令等を行う情報伝達物質)が、卵胞の発育や精子の運動を妨げたり、子宮内膜組織を攻撃する免疫応答を引き起こします。それで、受精卵の着床や胚の発育に悪影響を及ぼして、不妊につながる。

子宮内膜症は軽症のものまで含めると非常に多いので、不妊との関係性も強いと考えられています。「不妊で悩む方々の半数弱が子宮内膜症を合併する(推計)」そして「子宮内膜症の半数弱の方が不妊症を合併する(推計)」とされており、数の上でも子宮内膜症と不妊は密接に関係しているようです。

また、子宮内膜症と出産した子供の人数との関係性も統計的に分かっています。出産した人数が少なくなるにつれて、子宮内膜症を発症する割合が高くなるのです。これは、妊娠中に月経が止まると子宮内膜様組織が委縮するという仕組みからも分かります。出産した人数が少ないと、子宮内膜様組織が定期的に性ホルモンの刺激を受けるので、発症・悪化しやすくなるのです。このことも不妊症に関係してきます。

子宮内膜症による不妊と鍼灸治療

鍼灸治療では、経験的に月経痛(月経困難症)に効くツボがあります。「生理痛が酷い」「毎回痛み止めを飲む」というような子宮内膜症の関わりが疑われるような場合は、通常の不妊を改善するための治療に加えて月経痛に効果的なツボを使っており、結果は良好です。

また、鎮痛薬の成分が不妊症に関与しているということも指摘されています。痛み止めはプロスタグランジンという物質を抑える作用がありますが、プロスタグランジンは受精の際に重要な働きをしているので、鎮痛剤を飲んでいるとプロスタグランジンの働きに悪影響を及ぼして、不妊につながる可能性があるということです。鍼灸治療で月経痛が改善すれば、この面からも不妊症につながる要因を減らせると考えられます。

 

【参考文献】

  • 海場堂書房 STEP産婦人科①婦人科

【関連記事】

子宮内膜症に対して鍼灸治療で期待できること

県外からは℡024-973-5048 TEL 0120-913-728 web予約も可能/受付10時-20時(日曜・月曜は18時まで)

PAGETOP
Copyright © はりきゅう今泉治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.